*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.09.20 (Thu)

2012-09-15_00001.jpg

今回はシルバーストーンでした。このコースは、まだまだ良く解りません。

レースはしてやったり。3コーナーでブレーキを忘れてYu-sukeさんを吹っ飛ばしてしまいました。
そして復帰して、遅れを少しでも戻そうとしましたが、今度はmotoyama23さんを弾いてしまいました。

最近調子良かったのに今シーズンは、初戦から暗雲たちこめる展開で先が思いやられます。

本当に申し訳ないレースでした。
スポンサーサイト
21:53  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.08.29 (Wed)

今回はニュルブルクリンク。大好きなコース、嫌いなコースと言う人も居るコース。そしてデフォなので少しグリップが低めなコース。

2012-08-25_00005.jpg
プラはスパのセットアップを元に触って行きます。意外とそのままギアを触っただけではしっくりと来ません。なんだろう、加速の不安定感が高く、安定感が非常に低い感じがします。なので、クイック感が落ちるのは嫌ですが、キャンバーを寝かせる方向に触ってみました。これは良い・・・。
2012-08-25_00006.jpg
さてレースは予選をそれなりに走って3番手からのスタートとなりました。
トップのYu-sukeさんがSFラインを超えてレースがスタートしました。圧倒的C6Rの加速でtakaさんをアウトから並びかけて1コーナーでパスしました。これで1位のYu-sukeさんを追うばかりです。しかし予選タイムの差を考えると厳しいかな~・・・。と不安でしたが、むしろこちらのが速いぐらいでした。しかし安心はしていられません。1コーナーでパスしたtakaさんはもっともっと勢いがあり、高速S字の次のコーナーで再びパスされました。そして次のラップ、スタートから激しいプレッシャーの為かトップのYu-sukeさんが高速S字でまさかの当然のコースアウト。これで2番手にあがりました。そしてトップになったtakaさんはジョジョに離れて行き、スタートでは失速していたYu-sukeさんがきっちりとマークしてきます。そんな緊迫した展開にめぐり合う事なんて滅多に無い自分は耐え切れずに最終コーナーで片方のタイヤを落としてしまい、3位へと順位を落とします。そしてそのままピットの時間へ。丁度takaさんと同じラップでした。Yu-sukeさんは少し引っ張ったようです。
2012-08-25_00010.jpg
ピットを出るとtakaさんは少し遠くへと離れてしまいました。少しテンションが下がってましたがここで伏兵が登場します。Yu-sukeさんが順位をひっくり返してトップでピットアウト。なんとtakaさんと同時に1コーナーへ進入。これで少し接触しましたが、Yu-sukeさんはトップをキープ、しかしタイヤが冷えている為にペースが上がらず、最終コーナーではもう背後に近寄れました。そして1コーナーでtakaさんがインを突いてトップに返り咲きます。この開いたインを自分も突っ込みますが、そう易々とは抜かさせてくれません。2コーナーではアウトから頑張りましたが、次のコーナーもアウトになる為、3位に落ち着く事になりました。このまま圧倒的に速いtakaさんがトップを守りきるかと思われましたが、3周程後、5コーナーの高速左コーナーで縁石を前輪だけ乗せてしまい、姿勢を乱してコースアウト。まだまだ先が読めません。
2012-08-25_00002.jpg
残り3周、未だ緊迫した空気は解けず、黙々と操作します。しかしリズムが崩れてしまい、トップとの差が少し開いてしまいました。もうリームーと思いかけた矢先にトップがヘアピンで縁石にひっかけて姿勢を乱しました。これにより一気に追いつき、高速S字の続くコーナーでアウトから限界ブレーキで並びかけ、続く右コーナーでインに着き、加速しましたが、若干リアが暴れてしまい、加速が鈍りました。しかし目前に1位が見えています。最終シケインでブレーキを遅らして突っ込みました。一人なら良いブレーキだったのですが、前に追突しそうになったため、ブレーキを踏んだら姿勢を乱してしまいました。これでレースは終わりです。
しかしラスト1周の最終シケイン、Yu-sukeさんを抜ける可能性のあったtakaさんがまさかのスピン。これにより2位でゴールできました。

こんな緊迫した空気でのレースは久々か、若しくは初めてでしょう。これ以上早くなれる気はしません。自分の限界のレースだったのかもしれません。次回もこんなレースが出来ると良いな。
22:37  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012.07.17 (Tue)

今回はモーターランド。前回が散々だったので今回は納得出来る走りがしたいところです。

最近はキャンバーをネガティブにしまくってましたが昔作ったオッシャースレーベンのセットアップを思い出して立て気味で作って行きました。するといかがなものか、曲がる、曲がる曲がる、気持ち良く走れるではありませんか。

2012-07-17_00001.jpg
さてレース。路面が湿ってますが、天気は快晴となんともややこしいコンデションです。タイヤはインターか、ウェットかのどちらかで迷いましたが、天国の亡霊がウェットと言ってる声が聞こえたのでウェットにしてグリッドに着きました。
さてミニshibaさんに先導されてスタートします。加速した瞬間「んっ!」と声が聞こえてきましたが、始めの滑り出しだけでよ~正解不正解が良く分かるな~と思います。
2012-07-17_00004.jpg

さてミニshibaさんがピットに駆け込んでスタート。スタートか猛プッシュするYu-sukeさんがどんどんと順位を上げて行きます。そんなにあせらなくとも良かろうに。3番手に上がったところでコースオフしてました。そして淡々と自分はラップを重ねます。ウェットは結局正解か不正解か微妙なところでしたが、路面が良く乾くので序盤は前にどんどんと離されてしまいます。MOW堪らん!!!タイヤ温度が後ろどころか、前まで100度を超えるようになりました。急いでピットに入りますが、ブレーキがロックしてピット入り口で壁に激突して大きなロスをしてしまいました。
2012-07-17_00005.jpg
ピットでミディアムタイヤに交換してコースにインしますが、今一誰もいらっしゃりません。留守なのでしょうか・・・。大分遠くにzimaさんがいますが、金箔位薄い望みをかけて攻めてみます。追いついて無いような、追いついてるような・・・。残り3周気が抜けた瞬間にスピン。結局ここで薄い望みも消えました。

レポートにすると何にも無かったレースだったんだな~。その割には面白かったから良かったんだけど。まあ鯖艦さんには勝てたので良かったかな。何よりもセッティングの方向性が再び見えてきたのが良かったです。次はもっと早くなるぞ~。
21:57  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012.05.20 (Sun)

今回はスパです。で新しいタイプなのですが、今までの様にバスストップが変わるだけのマイナーチェンジじゃなく、今回は世界観までもが違うフルモデルチェンジのスパです。特筆すべきところは、路面のうねりが殆ど無く、高度な路面舗装が行われているところでしょうか。
2012-05-19_00002.jpg
今回のレースはスタートから波乱が起こりました。1コーナーへ入ろうとしたら、右からGTRが突撃してきました。幸い外に72%さんが居たのでコースアウトは免れましたがそして遅れを取り戻すために猛プッシュして紆余曲折を経て、漸くmatsuoさんとromarioさんのバトルに追いつきました。コーナーで離され、ストレートで追いつく展開です。オールージュで並べそうにはなるのですが、流石に腰が引けてしまうので、ケメルストレートで並ぶのですが、続くシケインでは流石に性能上?勝てそうにありません。
2012-05-19_00003.jpg
そしてブランシモンを抜けて、シケインのブレーキで勝負!!!とやろうとしたら、ブレーキ看板を数え間違えてromarioさんに追突出来ませんでしたが、かすめれました。そして再び差が開きます。それでもヤマカンで作ったセットが良かった為、前との差を少しづつ縮めます。そうしてると、romarioさんが先にピットへ。これはmatsuoさんも入るか???と思いましたが、入りません。
2012-05-19_00006.jpg
そしてピットへ入る前になんとしても抜きたかったので、頑張っちゃうぜ~。山岳を抜けて左の高速コーナーでインを着きました。これでパス出来る!!!と思いましたが、甘かったです。流石mc12、アウトからでも普通にかぶせてきます。それでも負けじと縁石ギリギリを調整しながら攻めますが、結局次が外側なのでそのままの順位でピットに入りました。
 ピットを済ませると、matsuoさんとromarioさんを抜いて6位で復帰しました。そしてPPのeldrickさんに追いつこうと必死で頑張りましたが、結局あと少しのところでゴールとなりました。

今回は、思いつきでアンチロールバーを140から90にしましたが、素晴らしい走りが出来ました。恐らく路面のグリップが高かったからそれだけ触れても、タイヤがグリップを失わないのでしょう。多分。まあこれからは路面のグリップも良く見ながらセッティングを作っていこうと思います。結果的に今シーズンのコースは路面が綺麗なコースが多かったのかもしれないな。でも次はスンルイスだから、固めにした方が良いのだろうか・・。
22:21  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012.05.13 (Sun)

長いGW・・・いや短いGWを終えてKMGRが再スタートです。今回はゾルダー。

今シーズンは低速で狭いコースが多い為今までとは訳が違うと思います。

なんともならん・・・。プラで色々とセッティングを変えてみますが、気づいたことは、アンチロールバーはどのコースでも同じでは駄目だと言う事でした。試しに前後下げてみると、走りやすい!!!タイムは分からない!!!

でも予選は不思議とプラよりも良い成果が出ました。

2012-05-13_00001.jpg
さて5位からスタートしてeldrickさんをスタートから従えます明らかに速い・・・。精神が不安定になり、ヘアピンで飛び出してしまいました。どんどんと離れていきますが、ここでブレーキバランスを前に1ポチ。マイナーチェンジ位に速くなって徐々にeldrickさんとの差を縮めます。大分縮まったところでryoさんが2コーナー立ち上がりでコースオフ。これに乗じて再び5位に。そしてeldrickさんがピットに入ったので自分も次の周に入るとしました。
2012-05-13_00002.jpg
オーバースピードで曲がりきれずにピットウォールに突撃しましたが、一命を取り留めてピットスペースに殴り込みました。ピットを出ると、ryoさんに抜かれてしまいました。暫く、ryoさんを追いかけるとmatsuoさんも見えてきました。Wmc12です。これは結託の予感。ryoさんがmatsuoさんを抜くと、置いていかれぬよう、私もmatsuoさんを1コーナーでパス。そして暫く走ると、マグロのmatさんがコントローラーを捻りながらやってきます。皆ETCだったみたいだけど、俺だけでも一般レーンで頑張る!!!つもりでした。しかしヘアピンの立ち上がりで、芝を踏んでスピン。だけなら良いのですが、matさんが並んでたので巻き込んでしまいました。これには流石に気力を失いました。そして最後は、Nを間違えて入れて、クラッチ踏まずに1st入れたので燃えてしまいました。

あ~低速コースでも早くなりた~い!!!次はスパなので高速コースになるし、期待が持てそうです。新しいから不安だけど・・・。
23:26  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2012.03.19 (Mon)

今回はイスタンブール。最近全く練習してないし、何よりもOSを入れなおした時にセッティングデータが一緒にフォーマットされたのが痛いです・・・。まあなんとか記憶を頼りに作っては見ましたが、いまいちキャンバーの正確な数値が思い出せなかったので、1クリックずつ変えて感触を確かめました。そうこうしている内にあっという間に30分が過ぎ予選になりました。予選になってもまだ、確信の出来るセットアップが出来ません。しかし取り敢えず走ってみました。結果的には2番手で、タイムは出るが、何周も走れる物では無い事がわかりました。アンダーが強すぎる様です。なのでレース前、迷いに迷って後ろのキャンバーを少し立てました。前は少し寝かせたような・・・。

2012-03-17_00001.jpg
さあレースは久々の2番手スタートで緊張感と仕事で疲れた眠気が適度に混ざり合って良い感じ・・・。どこからでも!!!と行きたいところですが、気持ちを落ち着けて後ろのmatさんを警戒しつつ、zimaさんに着いていきます。もう1周目から分かった事なのですが、明らかにこちらの方がストレートが早いのです。zimaさん、バンプで底擦りまくってるので伸びてません。という事で自然に横に並びました。しかし、まだまだ動く時では無かったようです。アウトから行こうとおもーたら、matさんに危うく抜かれそうになりました。
2012-03-17_00002.jpg
暫く着いていきますが、どうも細かなミスというか、アンダー傾向が強い?zimaさん。3コーナーで少し、ブレーキが遅れたようです。それはチャンスチャンス、チャンスの到来です。右のヘアピンでアウトから並びます。本当に感覚を良くつかんでいらっしゃるzimaさん。綺麗に並んで続く左コーナーへ。ここから次の昇りに掛けて勝負ジャー!!!と予想しましたが、よほどウィングが立っているのか?ブレーキバランスが前よりなのか?まあ、進入でアウトに膨れたので、これでトップへ。
2012-03-17_00003.jpg
そして暫く、ペースが良いのである程度離れた辺りで、ブレーキバランスを調整してみます。結果的にF58がベストな感じがしました。そしてトップでピットへ。落ち着いて落ち着いて、信号の前でリミッターpush。なんで信号の後ろに速度計測地点があるんだよ・・・。しかし焦らずに余分にピットロードの速度で走りました。そしてピットアウト。怖いのは見えない場所で何か企んでそうなmatさん。しかし、アウト後直ぐは攻めれば攻めるほど、クリップに着けないでアンダーが出る始末。そしてmatさんがピットアウト。やっぱりキター。アウトしたmatさんと並んで3コーナーへ。ここは制しましたが、ブレーキの深いmatさん。気を緩める事は出来ません。しかし5コーナーでmatさんとzimaさんが軽く接触。これで一気に離す機会が得られました。そしてそのままトップでチェッカーーーーー。

欲張りにも、ファステストを狙ったラップがあり、その時はFS表示が出ましたが、それで満足したのでまさか後半にtarさんが塗り替えてくるなんて思ってもいませんでした。何かレース後は余りにも眠くて次の日の出勤を考えてたので、勝ったけど内容の乏しいレースだったな。と半端な気分でしたが、記事にしてみれば中々良いレースだったんだな。このスピードを維持出来れば、妥当鯖冠も夢では無さそうな気がしてきました。まってろよおおおおおお。デス。
10:07  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.02.27 (Mon)

今回はスパ04です。といってもバスストップの形が変わった位の物ですが、最終シケインはいっその事再びバスストップに戻してはどうかとも思いますが・・・。

今回もJOINしたのはプラが残り30分のところでした。前回のセットが良かったのでそれをそのままギアだけ変えて使ってみました。

2012-02-25_00005.jpg
予選ミスって中盤辺りからスタート。スタートはオールージュ手前からだったので取り合えずキープを目標として抜けました。それなりにスタートしてケメルエンド。ブレーキをすると後ろから久々に見るjxさんがオーバースピードで突っ込んで来るのがミラー越しに分かりました。やり過ごせるかと思いましたが、適度にオーバースピードだったので進路を塞がれて順位を落としてしまいました。そして前が開けるとsirokuroさん、matsuoさんを抜き、一つの集団に追いつきました。団子3兄弟で白赤黒と連なっている所に私が串になって串団子に・・・。わならずに私も4つめの兄弟に入信しました。しかし残念ながらeldrickさんが何とかシケインの振替しですっ飛んで行きました。その後闘志を煽る色のromarioさんをオラオらしますが、結局抜けずにdaichaさん、romarioさんはピットへ。
2012-02-26_00002.jpg
そして全力で走ってピットへ。無事にピット作業を終えて、気が抜けたのか、余所見したままアクセルをフルMAXしたら回ってしまいました、ピットで・・・。
ピットロードで、romarioさんが、daichaさんが過ぎ去って行きます。そしてピットアウトして猛烈な勢いでやって来るtakaさん。何とか抑えようとインを抑えますが、抵抗むなしくあっさりと抜かれてしまいました。そしてdaichaさんも抜いて彼方へ消えてしまいました。私はdaichaさんに苦戦をしましたが、バスストップでオーバーランしたのでそこを突いて4位へ。そこからMOWチャージして前の二人を追います。どうやらtakaさんはソフトタイヤでもう垂れていたみたいでした。山岳区間の立ち上がりで少しミスったところで勝負に出ました。そして次の高速コーナーでインから抜きました。続いてromarioさん。ペースはこちらのが速いですが、気持ちが焦って、山下きよっさんが登場して、リズムが整いません。結局最終ラップの終わりで突付いてバトルに水を差してしまい、惜しい終わり方をしました。最後までバトル出来てれば、抜けたかもしれないのに~。
久々に燃えまくったレースでした。次回もこんなレースが出来たら良いな。
00:05  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。