*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.10.08 (Mon)

久々の更新です。3戦まとめてドーン!

2012-09-30_00006.jpg
ロードワンは超高速コースでした。スタート4番手で必死についていくけど、matさんにはおいて行かれるばかり。そしてリアタイヤが磨耗してきたところで縁石に乗ったらスピンしてしまいました。これによりmatsuoさんとichiroさんに抜かれてしまいました。そしてこちらの方がペースが少し良いので差を詰めながらピットの時間になりました。ピットを終えて未だmatsuoさん、ichiroさんの前には出られず。残り4周。2本交換のmatsuoさんのペースがグンと下がりました。そして操作しきれずに最終セクションでブレーキが遅れてコースアウト。そして4番手でゴール。最後の最後matさんがガス欠だったのでその症状にもっと早く気づけていれば、3位もあった鴨しれないのに!

2012-09-30_00002.jpg
モンツァはプラ、予選、レースと酷い天気の変化でした。寒暖の差が非常に激しく、良く育つ野菜もあった事でしょう。PPを取ったzimaさんがグングンと他を置いて独壇場でした。僕は2番手で良い位置だったのですが、結果的に1周もzimaさんより速いタイムを出せる事無く終わり、完敗でした。

2012-10-06_00002.jpg
2012-10-06_00001.jpg
スパは流石スパって感じの酷いスタートでした。1コーナーを抜けて加速したらいつの間にか宙を舞ってました。
縦トルネードを何周か繰り返し、落ち着いたところで加速したら、そこはコース外でしたとさ。ひなぐそひなぐそ
スポンサーサイト
21:40  |  GTR-evo  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.09.03 (Mon)

今回はホッケンハイムです。新コースのホッケンハイムとあってあの人は予想通り不参加でした。ドイツのコースってニュル以外なんだかパッとしないんですよねー。
2012-09-04_00001.jpg
プラは前回のニュルのセッティングを読み込ませてそれをちょちょっとホッケンハイム色に染めて行きました。といっても行った事はウィングを増やして後ろのキャンバーを寝かせた位ですけど。まあしかし良く滑るコースです。縁石とその外の泥落とし様のマットの様な部分でグリップの差があってなかなか攻め切れません。結局プラ中殆どのラップでカットだの、コースアウトだのでタイムをまともに出せませんでした。

予選は5番手とプラの時の順位と変わりがありませんでした。今シーズンはMR勢の予選が強すぎます。

2012-09-02_00003.jpg
さてレースは、気温こそ32度とタイヤにはそれなりに良い気温でした。しかし路面のグリップが非常に悪いのでびびってミディアムハードで出る事にしました。
スタートがソレナリだったので順位の変動は無く1周、2周とラップを重ね、序々に前のmatさんとの差が開いて行くので焦ります。しかしそれでも一つポジションが上がりました。前回の覇者yu-sukeさんがなんと単独でスピン!その後早くもハードタイヤの効能が利いてきたのか、前のmatさんとの差を縮められました。そしてzimaさんを先頭にmatさん、自分と一つのグループが出来上がりました。しかしtakaさんは異次元のスピードでこのグループを置き去りにして行きます。
2012-09-02_00007.jpg
今日は2位が限界だな~と思ってしまいました。しかしその時、takaさんがYu-sukeさんと同じ所でなんとスピン。これによりスタートより、2つもポジションが上がり、九州勢が沈んでしまいました。zimaさんはタイヤがきついと言うし、matさんはデバイスの調子が悪そうだし、これってトップ狙えるんちゃ~うん!?トップグループ3台が同時にピットイン。
2012-09-02_00011.jpg
2本交換によってピットで逆転!しかし4本交換のzimaさんがすぐ背後に。これはブロックライン優先の予感。ピットを出て次のラップ、未だzimaさんには抜かれず奮闘してました。そこで同一ラップのhetter-pさんが現れ、少しづつ近づき、2コーナーでパスしようとインを突きました。しかしこの判断は間違ってました。ここは我慢してパラボリカでパスするべきでした。バトルした事によりパスは出来ましたが、失速しました。この失速によってzimaさんに圧倒的スピード差で抜かれてしまいました。更にいつの間にか真後ろに居た、apllnさんにも抜かれて3位に落ちてしまいました。しかもこちらは2本交換と非常に不利な状態で、更に更にtakaさんがもうすぐ後ろに!!!そりゃーないぜ~。そして暫くすると今度はapllnさんが九州勢と同じところでサイドブレーキをひいた様にスピン。いや~頭が良く入る車ですね~。
2012-09-02_00015.jpg
これで2位にオートで上がりました。このまま行けば2戦連続の2位表彰台です。しかし真後ろからはtakaさんが猛追して来ます。これは何とか抑えてこのsyuuさんの存在を轟かせたいところwスタジアム等、細かいところは押さえられるのですが何故か、パラボリカの長いストレートだけは抑えきれません。少しウィングを立てすぎたでしょうか・・・。と思うのですが、takaさんはストレートも早ければ、ブレーキも深く、ブレーキは絶対止まれんやろ!!!てところでも見事に止めてきます。そんな相手に適うわけ無いワン!
結局ブレーキ勝負では負けました。負けましたが、バトルの勝敗は決まりませんでした。インを突かれて万事休すかと思いましたが、立ち上がりでtakaさんのマシンが暴れ、スイスイト自分は加速して2位を死守しました。それでも大きな差は開いて無いので安心は出来ません。でしたが、最終ラップ1コーナーでtakaさんがスピン。そしてそのまま2位でゴール。
22:11  |  GTR-evo  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012.08.23 (Thu)

セッティングは対角線

今回はスパフランコルシャン。オールージュが名所のコースですが、ゲームだと全開で駆け上がる緩やかな曲がり道でしかありません。
2012-08-18_00001.jpg
プラは前回のブルノのセットアップを参考にウィングを寝かせて、LSDを強めて、キャンバーをあれして、ブレーキバランスをあれして、ギアをあれしました。順位こそ3番タイムで良いのですが前とのタイム差が1秒以上でとても太刀打ち出来そうにありません。
2012-08-18_00004.jpg
予選は4番だったけど、kazeyomiさんが途中で落ちたので3番手からスタート。それなりにスタート出来たので下がる事も上がる事もありませんでした。ストレートでは、微妙にmatさんにちょっかい掛けられそうでしたがtakaさんが逃げると、面白くなくなりそうだったので控えめにして3番手を維持しました。まあしかしトップ2の速いこと・・・。見る見る内に見えなくなってしまいました。このまま何も無く終わるかな。思いましたがtakaさん!!縁石で姿勢を崩し最終シケイン前でコースアウト~。これで2番手に上がりました。しかしやはり圧倒的にtakaさんの方が速いです。ストレートこそ差をつけられますが、コーナーでは常にぴったりと張り付いて剥がれません。うぬぬ・・・。
そんな苦しい状態が続きトップに動きが。なんとmatさんがスピン。僕はmatさんは、マシンが走る道の下には磁石でもくっついてるのでは?と思ってましたがこんな人間らしい動きを見られるとは!!!そしてこれによりなんとトップになりました。俺のターン来た!!!この時よりtakaさんも自分も言葉数が明らかに減ったような気がしました。しかしこのまま行けば久々にトップでフィニッシュです。ピットの時間が訪れました。
2012-08-18_00006.jpg
2台を餌食にしてピットを後にしました。こんな珍事件によって4番手まで順位を落とします・・・。ピットを終えてアウトラップ、共にアウトラップのmatsuoさんとストレートで並びかけます。同じコルベットですが、ここまで速度差が出るとは思ってませんでした。若干接触してクラッシュするかと思いましたが何事も無くバトルが続けられました。ケメルエンドでインを突き、アウトで耐えてきます。シケインを抜け、下りストレートへ。続いて右コーナー、こちらがインなので圧倒的有利な事によりmatsuoさんをパス。暫くして今度はリスターに乗る人に遭遇。何このリスター。滅茶速いや~ん。失礼ながら遭遇したら1周以内でパス出来るかと思ってましたが予想以上に手間取りました。しかしストレート速度は圧倒的にこちらに分があり、山岳地帯を越えた辺りでパスしました。そして3位でゴール。

圧倒的に勝利に近い展開だったのに非常に残念でした。せめてもの救いと言えば、笑いのネタになったことでしょうかwしかし後続のtakaさんとmatsuoさんには申し訳なかったです。

レースタイヤは交換有りでミディアムハードだったけどやはりそれは大きな失敗だった気がします。あの時交換しなければ2位になれてたかも?しれないのに・・・。次はニュル、好きなコースだから楽しみです。
22:17  |  GTR-evo  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.08.16 (Thu)

今回はブルノ。MR勢はドライバーも精鋭揃いで、駆動方式も合っているので非常に、手強い存在となるでしょう。
2012-08-11_00001.jpg
プラは前回好印象だったA1のセットアップを読み込みます。そこのせっとより、キャンバーとLSDを触ってみます。しかしトップグループに迫れません。何かな~???私が触れる箇所と言えば車高、キャンバー、ブレーキ、エンジン関係、ウィング、この中で車高はほぼ完成してるので、ウィングを触ってみました。徐々に削って結局はいつも通りの9になりました。

そして予選。MRの圧倒的速さにひれ伏す事になりました。
2012-08-11_00003.jpg
さてレース、今回のセーフティーカーはAudi-R8のロードカーですかー。ええやないですか!!!

スタートは激しいTアタックを喰らいますがなんとかコースに留まれました。その間隙を突いてapllnさんさんが前に出てしまいました。takaさんの前にまで出ていたので置いてけぼりは、喰らいませんでしたがペースが上がらない為にkazeyomiさんとの差が開きはじめてしまいました。takaさんはコーナーでapllnさんを抜きますが、一方のapllnさんはストレートで抜かし返すという激しい展開です。しかしどんどんとトップ集団との差が広がってしまいます。これは遺憾の意を思う!!!!さてtakaさんがapllnさんをパスしたので俺のターンが回って来ました。大分タイヤが消耗したのでしょう。ブレーキが遅れがちになっております。最終の昇り区間、再びブレーキの遅れたところでインを突きます。続くコーナーはアウト、しかしこれを抑えます。続く昇りはパワーの差が効くか?と恐れましたが流石に脱出速度の差があったようで前に出られました。そして今までの遅れを取り戻すべくMOWプッシュしたいところ、ですが今までペースを押さえ込まれてた分、タイミングが今一掴めぬままラップを重ねる事となりました。そして悶々とラップを重ねて行くとtakaさんが最終コーナーの一つ前でコースオフ。これで4番手に上がりました。そしてピットへ。
2012-08-11_00005.jpg
今回はミディアムハードで出たので前タイヤだけ交換しました。ピットを出ると2位のyu-sukeさんがいましたが、圧倒的スピードで消えて行きました。ピットを済ませると流石にタイミングも分かってきて自分のペースを保てる様になってきました。でもちょっと遅かったかもしれませんね~。前後に順位を争う影が見当たりません。少しまったりモードに入ってましたが前方に小さな小さなネームタグが見えてきました。これは!!!!突如目前に人参・・・は嫌いなので、大根が現れた気分です。今回で一番頑張った時間だったと思います。攻める攻める。kazeyomiさんとの差が短くなって行き、ネームタグも大きくなり、テンションもアップアップるしてきます。しかし追いつくには至らず。そのまま4位でゴール。

いやー最後は萌えました。ただ怪しいのはkazeyomiさんがペースをコントロールしてたのでは?と思うところですが、それもそれで良いのだ!!!
取り敢えず予選よりは1つ上でゴール出来たので杭は無いです。それにセッティングも良かったと思います。次はスパですか。オールージュの魔物は誰を狙っているのかな。
11:26  |  GTR-evo  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.07.30 (Mon)

今回は何とかの事情により急遽コースが変更された事によって、A1リンクとなりました。

プラクティスはエラーの出る車の発見の話題によって少し、走る時間が減りました。しかし前日に少しだけ練習してセッティングも出来ていました。しかしそれでも当日となるとより速いツワモノが居るのでセッティングを見直さざるを得ませんでした。後ろの車高を落として、ウィングを立てて、キャンバーを変えました。まあそんな感じでトップ争いも出来るかも?の期待を抱ける位のマシンになりました。

さあて予選は少し失敗したけど4位と久々に良い位置に着けました。ウォームアップも晴れてますが12度と一気に気温が下がります。

さてレースは
2012-07-28_00007.jpg
FLOODED

準備の出来てないレース程、絶望する事はありません。しかも準備万端なだけあってなおさらです。
まあとりあえずトラクションを得る事だけ考えます。なのでリアの車高を上げて、後ろのロールバーを下げて、キャンバーを広げて、LSDを下げました。

全てヤマカンなので酷い結果になるだろうと思います。
さてスタートしてtakaさんを1コーナーでパス。続いてコース外からの復帰によりスピードの出ないmatさんのインを突いて2コーナーでパス。今日は乗れてるぜ~!!!しかし3コーナーでブレーキのタイミングが合わずにコースアウト。これにより6位まで後退。なんて使えない奴なんでしょう・・・。
2012-07-28_00005.jpg

全然前のC5Rに追いつけん!!!C5R速いなー。そしたらもっと速いのが後ろからやって来ました。その車はLISTER-STORM。コーナーを抜ける毎に近づいてきます。そしてぴったりと張り付かれました。しかしストレートはこちらに分があるので何とか耐えられます。それでも抜かれるのは時間の問題か?1コーナーで2回程インを刺されましたがアウトで粘りました。その後もぴたりと張り付かれて、とうとうやられました。3コーナーでインを突かれて抜かれてしまいました。残念・・・しかしその後akimさんが姿勢を崩したので再び前に出ました。大きな差が開いたのですがラップを重ねる毎に再び迫ってきます。再び抜かれるのか!!!ピットの時間になりました。
2012-07-30_00001.jpg

バトルは後半戦となりました。自分は1周遅れて入りました。ピットで作業してたらromarioさんがやってきました。挨拶をしてピットを後にします。ピットから出たら差が大きく開いてました。多分プリーズウェイトが出てたからだな。出なかったら大きな差は無かった筈・・・。雨足が弱まってきました。ウェットタイヤなので心配になってきます。しかし逆に自信へと変わる言葉が耳に入ってきます。「ソフトウェットやばい」これはチャンス以外に何も思い浮かびません。前のmatsuoさんとの差がどんどん縮まります。路面も乾く乾く。もう画面に見えるほどになってきました。しかし2コーナーで前が回転。これで5位に。そして登れない山を登ろうとする牛をパスして4番手。後少しでakimさんに追いつけたのに~ってところでゴールしました。

リスターで3番手取るakimさん凄いなー。雨は好きじゃないけどまた速いリスターを目にしたいものです。
22:47  |  GTR-evo  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.07.26 (Thu)

今回は赤富士を眺めながら周回するコース、富士スピードうぇいです。しかも今回は90年代後半のレイアウトです。テンション上がりますね~。

プラでは殆ど前回なのでソフトで行けるのでは?と試してみましたが、行けないのでは?という結論に一瞬で変わりました。折角の富士なのでとウィングを1にして走ってみましたが全くタイムが出ません。何故?やりたくなかったけどスプリッターをつけたら簡単にタイムが上がりました。残念・・・。ま後は、キャンバーとかLSDをいじったりしました。
2012-07-21_00002.jpg
さてレースは平凡に1コーナーをクリアして第1シケインへ。ブレーキを操作しだすとミラーから勢い良くやってくるボルギーニが。そして勢い良く突っ込まれました。しかし突っ込まれる心の準備が出来ていたので追突の瞬間に強ブレーキを押しました。そんな事でコースアウトや大きなタイムロスは免れました。そして暫く走ると分かってくる事があります。
2012-07-21_00006.jpg

今日の相棒は調子が良い。PPのガチロンさんの前を走るromarioさんにもついて行けてる。そしてromarioさんは第2シケイン入り口でスピン。それから静かに静かに呼吸を整えながら第2集団に着いて行って隙を待ちました。しかし忘れもしない9周目。コース中盤のターン入り口で姿勢を崩してしまいました。
2012-07-21_00001.jpg
その後は前にも追いつけず一人旅になりましたが、謎のお手玉がコース脇に現れたので爆笑できました。

徐々にセッティングの感覚が戻ってきた様な気がします。そろそろ髪の毛を切りに行こうかな。
22:40  |  GTR-evo  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.07.09 (Mon)

とうとう開幕しました、シーズン19回目。1週間のインターバルを置いてmodもドライバーもマシンも更に熟成が進みました。

今回はどうも良くないわ、まゆコーナーが上手く決まらない。
2012-07-08_00001.jpg
練習全くしてないから全然駄目様になってますな~。周りはどんどん力をつけて速くなってるし、なんなのーお!!!

IMGP0454.jpg
徳山ダムと旧徳山村のあたりにある徳山会館に行ってきました。天気も良いしバイクで行きたかったですが、きょうふうにきょうふを感じたので車で両親と行ってきました。
横山ダムの水位が前走った6月時よりも低く、不思議に思いました。その横山をずっと真っ直ぐ走り遥か遠く10km先の徳山を目指します。こんな良い天気だから走る内ますますバイクで走りたく思います。路肩にはアジサイが綺麗に咲き、山の緑も萌え萌え~で美しかったす。藤橋城を超え、徳山ダムの提に着きます。入り口付近にバイカーが集まってましたので、なんや!!!と見たら、生気の無い横たわった人を取り囲んでました。そしてその顔を見てしまいました。げんなりです・・・・。駐車して提の上を歩きました。ダムが無かったらこの眼下には村が広がっていたなんて考えられません。良くこんな大きな物が出来るものだと感心します。徳山湖の反対側を見下ろすとコベルコのクローラークレーンがいつも通り何故か置いてあります。その何故かは管理所で資料が公開されていたので、分かりました。どうやら発電設備を作ってるそうです。う~ん・・・・未だに発電所の役割を担ってなかったなんて考えられん!!!
時間も押し迫るので17時までしかやってない徳山記念館に16時から向かうとしました。ダムの敷地から国道に出る時には、パトカーと救急車が来て、バイカーが交通整理をしてました。
IMGP0455.jpg
国道を北へ、トンネルを2つほど抜けるとこの山奥には似つかわしくない立派な橋が見えてきました。それをあえて渡らずに左へそれると見えてきました。徳山会館。不思議なことに土足厳禁、スリッパに履き変えをと懇願されました。看板に。中にはお土産と、潅水開始から満水になるまでの定点写真と、村人の日々の生活の写真と、各地名毎の上空から撮った写真等が大きな写真で展示されてました。写真と写真の下の文章を照らしながら読むと、徳山の幸せそうな生活がダム建設によって奪われた様な気がして、心を打たれました。帰り際にそこの切り盛りをしてそうな人で、旧徳山村民の人に話しを聞かせてもらいました。「徳山に住んでた頃の村民は元気だったけど、移住した後はボケる人も出てきたけど、山の人は生きる為に必死だから、山に食材を取りに、川に食材を取りに、と休む暇が無かったけど、移住先はお金さえあれば何でも出来るから必死にならなくて済む為」と言ってました。まー他にも文化の伝わり方など、山菜の調理方など教えてもらえました。早く発電設備が整って犠牲になった人が少しでも報われると良いのですが・・・。そして帰りました。

ま~でもいつかは冠山峠を越えて福井に超えてみたいと思います。
00:56  |  GTR-evo  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。