*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.08.29 (Wed)

今回はニュルブルクリンク。大好きなコース、嫌いなコースと言う人も居るコース。そしてデフォなので少しグリップが低めなコース。

2012-08-25_00005.jpg
プラはスパのセットアップを元に触って行きます。意外とそのままギアを触っただけではしっくりと来ません。なんだろう、加速の不安定感が高く、安定感が非常に低い感じがします。なので、クイック感が落ちるのは嫌ですが、キャンバーを寝かせる方向に触ってみました。これは良い・・・。
2012-08-25_00006.jpg
さてレースは予選をそれなりに走って3番手からのスタートとなりました。
トップのYu-sukeさんがSFラインを超えてレースがスタートしました。圧倒的C6Rの加速でtakaさんをアウトから並びかけて1コーナーでパスしました。これで1位のYu-sukeさんを追うばかりです。しかし予選タイムの差を考えると厳しいかな~・・・。と不安でしたが、むしろこちらのが速いぐらいでした。しかし安心はしていられません。1コーナーでパスしたtakaさんはもっともっと勢いがあり、高速S字の次のコーナーで再びパスされました。そして次のラップ、スタートから激しいプレッシャーの為かトップのYu-sukeさんが高速S字でまさかの当然のコースアウト。これで2番手にあがりました。そしてトップになったtakaさんはジョジョに離れて行き、スタートでは失速していたYu-sukeさんがきっちりとマークしてきます。そんな緊迫した展開にめぐり合う事なんて滅多に無い自分は耐え切れずに最終コーナーで片方のタイヤを落としてしまい、3位へと順位を落とします。そしてそのままピットの時間へ。丁度takaさんと同じラップでした。Yu-sukeさんは少し引っ張ったようです。
2012-08-25_00010.jpg
ピットを出るとtakaさんは少し遠くへと離れてしまいました。少しテンションが下がってましたがここで伏兵が登場します。Yu-sukeさんが順位をひっくり返してトップでピットアウト。なんとtakaさんと同時に1コーナーへ進入。これで少し接触しましたが、Yu-sukeさんはトップをキープ、しかしタイヤが冷えている為にペースが上がらず、最終コーナーではもう背後に近寄れました。そして1コーナーでtakaさんがインを突いてトップに返り咲きます。この開いたインを自分も突っ込みますが、そう易々とは抜かさせてくれません。2コーナーではアウトから頑張りましたが、次のコーナーもアウトになる為、3位に落ち着く事になりました。このまま圧倒的に速いtakaさんがトップを守りきるかと思われましたが、3周程後、5コーナーの高速左コーナーで縁石を前輪だけ乗せてしまい、姿勢を乱してコースアウト。まだまだ先が読めません。
2012-08-25_00002.jpg
残り3周、未だ緊迫した空気は解けず、黙々と操作します。しかしリズムが崩れてしまい、トップとの差が少し開いてしまいました。もうリームーと思いかけた矢先にトップがヘアピンで縁石にひっかけて姿勢を乱しました。これにより一気に追いつき、高速S字の続くコーナーでアウトから限界ブレーキで並びかけ、続く右コーナーでインに着き、加速しましたが、若干リアが暴れてしまい、加速が鈍りました。しかし目前に1位が見えています。最終シケインでブレーキを遅らして突っ込みました。一人なら良いブレーキだったのですが、前に追突しそうになったため、ブレーキを踏んだら姿勢を乱してしまいました。これでレースは終わりです。
しかしラスト1周の最終シケイン、Yu-sukeさんを抜ける可能性のあったtakaさんがまさかのスピン。これにより2位でゴールできました。

こんな緊迫した空気でのレースは久々か、若しくは初めてでしょう。これ以上早くなれる気はしません。自分の限界のレースだったのかもしれません。次回もこんなレースが出来ると良いな。
スポンサーサイト
22:37  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012.08.23 (Thu)

セッティングは対角線

今回はスパフランコルシャン。オールージュが名所のコースですが、ゲームだと全開で駆け上がる緩やかな曲がり道でしかありません。
2012-08-18_00001.jpg
プラは前回のブルノのセットアップを参考にウィングを寝かせて、LSDを強めて、キャンバーをあれして、ブレーキバランスをあれして、ギアをあれしました。順位こそ3番タイムで良いのですが前とのタイム差が1秒以上でとても太刀打ち出来そうにありません。
2012-08-18_00004.jpg
予選は4番だったけど、kazeyomiさんが途中で落ちたので3番手からスタート。それなりにスタート出来たので下がる事も上がる事もありませんでした。ストレートでは、微妙にmatさんにちょっかい掛けられそうでしたがtakaさんが逃げると、面白くなくなりそうだったので控えめにして3番手を維持しました。まあしかしトップ2の速いこと・・・。見る見る内に見えなくなってしまいました。このまま何も無く終わるかな。思いましたがtakaさん!!縁石で姿勢を崩し最終シケイン前でコースアウト~。これで2番手に上がりました。しかしやはり圧倒的にtakaさんの方が速いです。ストレートこそ差をつけられますが、コーナーでは常にぴったりと張り付いて剥がれません。うぬぬ・・・。
そんな苦しい状態が続きトップに動きが。なんとmatさんがスピン。僕はmatさんは、マシンが走る道の下には磁石でもくっついてるのでは?と思ってましたがこんな人間らしい動きを見られるとは!!!そしてこれによりなんとトップになりました。俺のターン来た!!!この時よりtakaさんも自分も言葉数が明らかに減ったような気がしました。しかしこのまま行けば久々にトップでフィニッシュです。ピットの時間が訪れました。
2012-08-18_00006.jpg
2台を餌食にしてピットを後にしました。こんな珍事件によって4番手まで順位を落とします・・・。ピットを終えてアウトラップ、共にアウトラップのmatsuoさんとストレートで並びかけます。同じコルベットですが、ここまで速度差が出るとは思ってませんでした。若干接触してクラッシュするかと思いましたが何事も無くバトルが続けられました。ケメルエンドでインを突き、アウトで耐えてきます。シケインを抜け、下りストレートへ。続いて右コーナー、こちらがインなので圧倒的有利な事によりmatsuoさんをパス。暫くして今度はリスターに乗る人に遭遇。何このリスター。滅茶速いや~ん。失礼ながら遭遇したら1周以内でパス出来るかと思ってましたが予想以上に手間取りました。しかしストレート速度は圧倒的にこちらに分があり、山岳地帯を越えた辺りでパスしました。そして3位でゴール。

圧倒的に勝利に近い展開だったのに非常に残念でした。せめてもの救いと言えば、笑いのネタになったことでしょうかwしかし後続のtakaさんとmatsuoさんには申し訳なかったです。

レースタイヤは交換有りでミディアムハードだったけどやはりそれは大きな失敗だった気がします。あの時交換しなければ2位になれてたかも?しれないのに・・・。次はニュル、好きなコースだから楽しみです。
22:17  |  GTR-evo  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.08.16 (Thu)

今回はブルノ。MR勢はドライバーも精鋭揃いで、駆動方式も合っているので非常に、手強い存在となるでしょう。
2012-08-11_00001.jpg
プラは前回好印象だったA1のセットアップを読み込みます。そこのせっとより、キャンバーとLSDを触ってみます。しかしトップグループに迫れません。何かな~???私が触れる箇所と言えば車高、キャンバー、ブレーキ、エンジン関係、ウィング、この中で車高はほぼ完成してるので、ウィングを触ってみました。徐々に削って結局はいつも通りの9になりました。

そして予選。MRの圧倒的速さにひれ伏す事になりました。
2012-08-11_00003.jpg
さてレース、今回のセーフティーカーはAudi-R8のロードカーですかー。ええやないですか!!!

スタートは激しいTアタックを喰らいますがなんとかコースに留まれました。その間隙を突いてapllnさんさんが前に出てしまいました。takaさんの前にまで出ていたので置いてけぼりは、喰らいませんでしたがペースが上がらない為にkazeyomiさんとの差が開きはじめてしまいました。takaさんはコーナーでapllnさんを抜きますが、一方のapllnさんはストレートで抜かし返すという激しい展開です。しかしどんどんとトップ集団との差が広がってしまいます。これは遺憾の意を思う!!!!さてtakaさんがapllnさんをパスしたので俺のターンが回って来ました。大分タイヤが消耗したのでしょう。ブレーキが遅れがちになっております。最終の昇り区間、再びブレーキの遅れたところでインを突きます。続くコーナーはアウト、しかしこれを抑えます。続く昇りはパワーの差が効くか?と恐れましたが流石に脱出速度の差があったようで前に出られました。そして今までの遅れを取り戻すべくMOWプッシュしたいところ、ですが今までペースを押さえ込まれてた分、タイミングが今一掴めぬままラップを重ねる事となりました。そして悶々とラップを重ねて行くとtakaさんが最終コーナーの一つ前でコースオフ。これで4番手に上がりました。そしてピットへ。
2012-08-11_00005.jpg
今回はミディアムハードで出たので前タイヤだけ交換しました。ピットを出ると2位のyu-sukeさんがいましたが、圧倒的スピードで消えて行きました。ピットを済ませると流石にタイミングも分かってきて自分のペースを保てる様になってきました。でもちょっと遅かったかもしれませんね~。前後に順位を争う影が見当たりません。少しまったりモードに入ってましたが前方に小さな小さなネームタグが見えてきました。これは!!!!突如目前に人参・・・は嫌いなので、大根が現れた気分です。今回で一番頑張った時間だったと思います。攻める攻める。kazeyomiさんとの差が短くなって行き、ネームタグも大きくなり、テンションもアップアップるしてきます。しかし追いつくには至らず。そのまま4位でゴール。

いやー最後は萌えました。ただ怪しいのはkazeyomiさんがペースをコントロールしてたのでは?と思うところですが、それもそれで良いのだ!!!
取り敢えず予選よりは1つ上でゴール出来たので杭は無いです。それにセッティングも良かったと思います。次はスパですか。オールージュの魔物は誰を狙っているのかな。
11:26  |  GTR-evo  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。