*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.09.20 (Thu)

2012-09-15_00001.jpg

今回はシルバーストーンでした。このコースは、まだまだ良く解りません。

レースはしてやったり。3コーナーでブレーキを忘れてYu-sukeさんを吹っ飛ばしてしまいました。
そして復帰して、遅れを少しでも戻そうとしましたが、今度はmotoyama23さんを弾いてしまいました。

最近調子良かったのに今シーズンは、初戦から暗雲たちこめる展開で先が思いやられます。

本当に申し訳ないレースでした。
スポンサーサイト
21:53  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.09.03 (Mon)

今回はホッケンハイムです。新コースのホッケンハイムとあってあの人は予想通り不参加でした。ドイツのコースってニュル以外なんだかパッとしないんですよねー。
2012-09-04_00001.jpg
プラは前回のニュルのセッティングを読み込ませてそれをちょちょっとホッケンハイム色に染めて行きました。といっても行った事はウィングを増やして後ろのキャンバーを寝かせた位ですけど。まあしかし良く滑るコースです。縁石とその外の泥落とし様のマットの様な部分でグリップの差があってなかなか攻め切れません。結局プラ中殆どのラップでカットだの、コースアウトだのでタイムをまともに出せませんでした。

予選は5番手とプラの時の順位と変わりがありませんでした。今シーズンはMR勢の予選が強すぎます。

2012-09-02_00003.jpg
さてレースは、気温こそ32度とタイヤにはそれなりに良い気温でした。しかし路面のグリップが非常に悪いのでびびってミディアムハードで出る事にしました。
スタートがソレナリだったので順位の変動は無く1周、2周とラップを重ね、序々に前のmatさんとの差が開いて行くので焦ります。しかしそれでも一つポジションが上がりました。前回の覇者yu-sukeさんがなんと単独でスピン!その後早くもハードタイヤの効能が利いてきたのか、前のmatさんとの差を縮められました。そしてzimaさんを先頭にmatさん、自分と一つのグループが出来上がりました。しかしtakaさんは異次元のスピードでこのグループを置き去りにして行きます。
2012-09-02_00007.jpg
今日は2位が限界だな~と思ってしまいました。しかしその時、takaさんがYu-sukeさんと同じ所でなんとスピン。これによりスタートより、2つもポジションが上がり、九州勢が沈んでしまいました。zimaさんはタイヤがきついと言うし、matさんはデバイスの調子が悪そうだし、これってトップ狙えるんちゃ~うん!?トップグループ3台が同時にピットイン。
2012-09-02_00011.jpg
2本交換によってピットで逆転!しかし4本交換のzimaさんがすぐ背後に。これはブロックライン優先の予感。ピットを出て次のラップ、未だzimaさんには抜かれず奮闘してました。そこで同一ラップのhetter-pさんが現れ、少しづつ近づき、2コーナーでパスしようとインを突きました。しかしこの判断は間違ってました。ここは我慢してパラボリカでパスするべきでした。バトルした事によりパスは出来ましたが、失速しました。この失速によってzimaさんに圧倒的スピード差で抜かれてしまいました。更にいつの間にか真後ろに居た、apllnさんにも抜かれて3位に落ちてしまいました。しかもこちらは2本交換と非常に不利な状態で、更に更にtakaさんがもうすぐ後ろに!!!そりゃーないぜ~。そして暫くすると今度はapllnさんが九州勢と同じところでサイドブレーキをひいた様にスピン。いや~頭が良く入る車ですね~。
2012-09-02_00015.jpg
これで2位にオートで上がりました。このまま行けば2戦連続の2位表彰台です。しかし真後ろからはtakaさんが猛追して来ます。これは何とか抑えてこのsyuuさんの存在を轟かせたいところwスタジアム等、細かいところは押さえられるのですが何故か、パラボリカの長いストレートだけは抑えきれません。少しウィングを立てすぎたでしょうか・・・。と思うのですが、takaさんはストレートも早ければ、ブレーキも深く、ブレーキは絶対止まれんやろ!!!てところでも見事に止めてきます。そんな相手に適うわけ無いワン!
結局ブレーキ勝負では負けました。負けましたが、バトルの勝敗は決まりませんでした。インを突かれて万事休すかと思いましたが、立ち上がりでtakaさんのマシンが暴れ、スイスイト自分は加速して2位を死守しました。それでも大きな差は開いて無いので安心は出来ません。でしたが、最終ラップ1コーナーでtakaさんがスピン。そしてそのまま2位でゴール。
22:11  |  GTR-evo  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。