*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.07.30 (Mon)

今回は何とかの事情により急遽コースが変更された事によって、A1リンクとなりました。

プラクティスはエラーの出る車の発見の話題によって少し、走る時間が減りました。しかし前日に少しだけ練習してセッティングも出来ていました。しかしそれでも当日となるとより速いツワモノが居るのでセッティングを見直さざるを得ませんでした。後ろの車高を落として、ウィングを立てて、キャンバーを変えました。まあそんな感じでトップ争いも出来るかも?の期待を抱ける位のマシンになりました。

さあて予選は少し失敗したけど4位と久々に良い位置に着けました。ウォームアップも晴れてますが12度と一気に気温が下がります。

さてレースは
2012-07-28_00007.jpg
FLOODED

準備の出来てないレース程、絶望する事はありません。しかも準備万端なだけあってなおさらです。
まあとりあえずトラクションを得る事だけ考えます。なのでリアの車高を上げて、後ろのロールバーを下げて、キャンバーを広げて、LSDを下げました。

全てヤマカンなので酷い結果になるだろうと思います。
さてスタートしてtakaさんを1コーナーでパス。続いてコース外からの復帰によりスピードの出ないmatさんのインを突いて2コーナーでパス。今日は乗れてるぜ~!!!しかし3コーナーでブレーキのタイミングが合わずにコースアウト。これにより6位まで後退。なんて使えない奴なんでしょう・・・。
2012-07-28_00005.jpg

全然前のC5Rに追いつけん!!!C5R速いなー。そしたらもっと速いのが後ろからやって来ました。その車はLISTER-STORM。コーナーを抜ける毎に近づいてきます。そしてぴったりと張り付かれました。しかしストレートはこちらに分があるので何とか耐えられます。それでも抜かれるのは時間の問題か?1コーナーで2回程インを刺されましたがアウトで粘りました。その後もぴたりと張り付かれて、とうとうやられました。3コーナーでインを突かれて抜かれてしまいました。残念・・・しかしその後akimさんが姿勢を崩したので再び前に出ました。大きな差が開いたのですがラップを重ねる毎に再び迫ってきます。再び抜かれるのか!!!ピットの時間になりました。
2012-07-30_00001.jpg

バトルは後半戦となりました。自分は1周遅れて入りました。ピットで作業してたらromarioさんがやってきました。挨拶をしてピットを後にします。ピットから出たら差が大きく開いてました。多分プリーズウェイトが出てたからだな。出なかったら大きな差は無かった筈・・・。雨足が弱まってきました。ウェットタイヤなので心配になってきます。しかし逆に自信へと変わる言葉が耳に入ってきます。「ソフトウェットやばい」これはチャンス以外に何も思い浮かびません。前のmatsuoさんとの差がどんどん縮まります。路面も乾く乾く。もう画面に見えるほどになってきました。しかし2コーナーで前が回転。これで5位に。そして登れない山を登ろうとする牛をパスして4番手。後少しでakimさんに追いつけたのに~ってところでゴールしました。

リスターで3番手取るakimさん凄いなー。雨は好きじゃないけどまた速いリスターを目にしたいものです。
22:47  |  GTR-evo  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.07.26 (Thu)

今回は赤富士を眺めながら周回するコース、富士スピードうぇいです。しかも今回は90年代後半のレイアウトです。テンション上がりますね~。

プラでは殆ど前回なのでソフトで行けるのでは?と試してみましたが、行けないのでは?という結論に一瞬で変わりました。折角の富士なのでとウィングを1にして走ってみましたが全くタイムが出ません。何故?やりたくなかったけどスプリッターをつけたら簡単にタイムが上がりました。残念・・・。ま後は、キャンバーとかLSDをいじったりしました。
2012-07-21_00002.jpg
さてレースは平凡に1コーナーをクリアして第1シケインへ。ブレーキを操作しだすとミラーから勢い良くやってくるボルギーニが。そして勢い良く突っ込まれました。しかし突っ込まれる心の準備が出来ていたので追突の瞬間に強ブレーキを押しました。そんな事でコースアウトや大きなタイムロスは免れました。そして暫く走ると分かってくる事があります。
2012-07-21_00006.jpg

今日の相棒は調子が良い。PPのガチロンさんの前を走るromarioさんにもついて行けてる。そしてromarioさんは第2シケイン入り口でスピン。それから静かに静かに呼吸を整えながら第2集団に着いて行って隙を待ちました。しかし忘れもしない9周目。コース中盤のターン入り口で姿勢を崩してしまいました。
2012-07-21_00001.jpg
その後は前にも追いつけず一人旅になりましたが、謎のお手玉がコース脇に現れたので爆笑できました。

徐々にセッティングの感覚が戻ってきた様な気がします。そろそろ髪の毛を切りに行こうかな。
22:40  |  GTR-evo  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.07.19 (Thu)

2012-07-19_00003.jpg

久々のGTLで色々と準備に時間がかかりましたがなんとか参加出来ました。このmod音が素晴らしい出来で雰囲気よかったです。ず~っとmikeさんとバトルでしたが、ストレートで離してコーナーでぺた付けされるというなんとも悲しい展開でした。一応デビューウィン出来ましたが、完全にBMWのお陰でしかありませんでした。まあしかしアルファと比べると凄いロールだ。コーナーによっては片輪走行出来そうでした。

そういえばこの時間に昔はGT1をやってたんだなー。良く参加してたものだ・・・。
21:56  |  GTL  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.07.17 (Tue)

今回はモーターランド。前回が散々だったので今回は納得出来る走りがしたいところです。

最近はキャンバーをネガティブにしまくってましたが昔作ったオッシャースレーベンのセットアップを思い出して立て気味で作って行きました。するといかがなものか、曲がる、曲がる曲がる、気持ち良く走れるではありませんか。

2012-07-17_00001.jpg
さてレース。路面が湿ってますが、天気は快晴となんともややこしいコンデションです。タイヤはインターか、ウェットかのどちらかで迷いましたが、天国の亡霊がウェットと言ってる声が聞こえたのでウェットにしてグリッドに着きました。
さてミニshibaさんに先導されてスタートします。加速した瞬間「んっ!」と声が聞こえてきましたが、始めの滑り出しだけでよ~正解不正解が良く分かるな~と思います。
2012-07-17_00004.jpg

さてミニshibaさんがピットに駆け込んでスタート。スタートか猛プッシュするYu-sukeさんがどんどんと順位を上げて行きます。そんなにあせらなくとも良かろうに。3番手に上がったところでコースオフしてました。そして淡々と自分はラップを重ねます。ウェットは結局正解か不正解か微妙なところでしたが、路面が良く乾くので序盤は前にどんどんと離されてしまいます。MOW堪らん!!!タイヤ温度が後ろどころか、前まで100度を超えるようになりました。急いでピットに入りますが、ブレーキがロックしてピット入り口で壁に激突して大きなロスをしてしまいました。
2012-07-17_00005.jpg
ピットでミディアムタイヤに交換してコースにインしますが、今一誰もいらっしゃりません。留守なのでしょうか・・・。大分遠くにzimaさんがいますが、金箔位薄い望みをかけて攻めてみます。追いついて無いような、追いついてるような・・・。残り3周気が抜けた瞬間にスピン。結局ここで薄い望みも消えました。

レポートにすると何にも無かったレースだったんだな~。その割には面白かったから良かったんだけど。まあ鯖艦さんには勝てたので良かったかな。何よりもセッティングの方向性が再び見えてきたのが良かったです。次はもっと早くなるぞ~。
21:57  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012.07.09 (Mon)

とうとう開幕しました、シーズン19回目。1週間のインターバルを置いてmodもドライバーもマシンも更に熟成が進みました。

今回はどうも良くないわ、まゆコーナーが上手く決まらない。
2012-07-08_00001.jpg
練習全くしてないから全然駄目様になってますな~。周りはどんどん力をつけて速くなってるし、なんなのーお!!!

IMGP0454.jpg
徳山ダムと旧徳山村のあたりにある徳山会館に行ってきました。天気も良いしバイクで行きたかったですが、きょうふうにきょうふを感じたので車で両親と行ってきました。
横山ダムの水位が前走った6月時よりも低く、不思議に思いました。その横山をずっと真っ直ぐ走り遥か遠く10km先の徳山を目指します。こんな良い天気だから走る内ますますバイクで走りたく思います。路肩にはアジサイが綺麗に咲き、山の緑も萌え萌え~で美しかったす。藤橋城を超え、徳山ダムの提に着きます。入り口付近にバイカーが集まってましたので、なんや!!!と見たら、生気の無い横たわった人を取り囲んでました。そしてその顔を見てしまいました。げんなりです・・・・。駐車して提の上を歩きました。ダムが無かったらこの眼下には村が広がっていたなんて考えられません。良くこんな大きな物が出来るものだと感心します。徳山湖の反対側を見下ろすとコベルコのクローラークレーンがいつも通り何故か置いてあります。その何故かは管理所で資料が公開されていたので、分かりました。どうやら発電設備を作ってるそうです。う~ん・・・・未だに発電所の役割を担ってなかったなんて考えられん!!!
時間も押し迫るので17時までしかやってない徳山記念館に16時から向かうとしました。ダムの敷地から国道に出る時には、パトカーと救急車が来て、バイカーが交通整理をしてました。
IMGP0455.jpg
国道を北へ、トンネルを2つほど抜けるとこの山奥には似つかわしくない立派な橋が見えてきました。それをあえて渡らずに左へそれると見えてきました。徳山会館。不思議なことに土足厳禁、スリッパに履き変えをと懇願されました。看板に。中にはお土産と、潅水開始から満水になるまでの定点写真と、村人の日々の生活の写真と、各地名毎の上空から撮った写真等が大きな写真で展示されてました。写真と写真の下の文章を照らしながら読むと、徳山の幸せそうな生活がダム建設によって奪われた様な気がして、心を打たれました。帰り際にそこの切り盛りをしてそうな人で、旧徳山村民の人に話しを聞かせてもらいました。「徳山に住んでた頃の村民は元気だったけど、移住した後はボケる人も出てきたけど、山の人は生きる為に必死だから、山に食材を取りに、川に食材を取りに、と休む暇が無かったけど、移住先はお金さえあれば何でも出来るから必死にならなくて済む為」と言ってました。まー他にも文化の伝わり方など、山菜の調理方など教えてもらえました。早く発電設備が整って犠牲になった人が少しでも報われると良いのですが・・・。そして帰りました。

ま~でもいつかは冠山峠を越えて福井に超えてみたいと思います。
00:56  |  GTR-evo  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.06.04 (Mon)

2012-06-03_00001.jpg
今回は何やかんやとありましたが、普通にハンガリーで開催されました。
練習を重ねて挑みましたが、付け焼刃程度では経験に勝てません。
予選は突如の雨!!!ソフトを選んでアタックしましたが、合ってなかったみたいで順位も沈み込みました。

2012-06-03_00002.jpg
レースはスタートでromarioさんを抑えて、3コーナーを抜けたところで、バトルにより失速したapllnさんをパス。続いて12コーナーで止まりきれずにオーバーランしたkshibaさんをパス・・・戻ってきた!!!!抜けずに最終コーナーへ。並びながら、譲ってもらいながらパス・・・。その後はピットへ入るまでmatsuoさんの隙を伺う展開となりました。
2012-06-03_00006.jpg
ピットを早めに済ませて、頑張ってみますが、matsuoさんを抜く事は叶わず。しかし直ぐ前に出てきたので闘争本能むき出しで近寄りますが、近寄るほど上手く走れなくなってちょっと差をつけられます。その前方ではeldrickさんに詰まったkazeyomiさんが居ます。「その内追いつくから、頑張らんくていいや」置いていかれない程度のペースにして機を衒います。追いつく追いつく、matsuoさんはeldrickさんにがっちりと張り付く、そのまま3コーナーへ。eldrickさんはタイヤがへたってて加速しないので少し間を空けて加速で漁夫の利しようかとおもいましたが、予想外の事が起こりました。matsuoさんがeldrickさんのスピード差にたまらず追突、そして失速したところに加速する自分が追突。再び復帰して復帰間際にapllnさんが漁夫の利で自分の前に!!!
最後はapllnさんとの暖かいバトルでしたが、結局抜けず・・・。

あ~残念で仕方が無い。スピード差があるとあんなリスクもあるという事がわかったから良かったのかな!!!(怒)
しかしトップとのタイム差が酷いな~、もっと経験値上げてレベルアップしないとイケナか~。
22:48  |  GTR-evo  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.05.27 (Sun)

今回は三塁っす・・・。語尾はデスを使うのが社会人だと思う。

一言で言えば峠です。でも道幅がおかしなぐらい広くて、romarioさん曰く、syuuさんの得意なコースです
ここは月曜日に練習したので大丈夫だろう、と思ってましたが、危機感が足りなかったようです。トップとの大きな差を感じながら予選3番手を得ました。
2012-05-26_00005.jpg
レースは久々に前の方からスタートだったので、序盤から頑張って縁石を乗りすぎてしまいスタートから5番手に落ちます。そして再びコースオフをしたら、あっという間に6番手。予選の3位は何だったのでしょう!!!でもようやく自分が落ち着いてきて、3周目からこそレースのスタートですよ。旧き良き?ただ旧い車を選択するのが得意なapllnさん、細々としたセクションは苦手なのでしょうか、最後から6つ目のコーナーでインを突いてそのまま並んで高速S字へ。そして最終シケイン手前でパス。続いてmc12のkazeyomiさん。コーナー早くて追いつけないです~。裏ストレート、加速でグングンと近づきます。並びます。車線変更して前にでます。やっぱストレート速いのは楽だな~。
2012-05-26_00004.jpg
そして徐序に前のzimaさんとの差を縮めて行きます。後少しで眼前に見えるところで、zimaさんが2つ目のシケイン出口で姿勢を乱しました。これで再び3位に返り咲きます。しかしそのころにはトップ2はもう遥かかなたでした。残念ながらここで3位を守る事だけ考えることにしました。そしてピットを終えるとなんとzimaさんの後ろ!!!まさか、2本交換だったのでしょうか!?その謎は迷宮入りしますが、ピットで抜かれたのは事実です。自己ベストを撫で出しながら前を猛追します。まだ離れたところで白煙が・・・。リゾート地っぽいから、地元民がBBQを行っているのでしょう、zimaさんが再び同じところでスピン。これで3位に。後は自己ベストを更に伸ばそうと攻めました。攻めてたら再びBBQの煙が同じところで。今度はmatさんがスピン!!!これはチャンス!!!気をとられてたら今度は自分がスピン。慌てて復帰しました。それでも抜かれることは無かったので3位でそのままゴール。

今回はセットアップが決まってたからトップと戦えるだろう、と思いましたがそんな簡単に一緒に走ってほしいランキングにノミネートされる人には追いつけませんでした。やっぱ俺に足りないものは不可思議な雰囲気が足りないんだと思うなー。
次はコース変更あるのかな?ハンガリーは前回の予選は良かったので期待しても良いかも・・。次に勝てる日は来るのだろうか・・・。
22:46  |  GTR-evo  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。